防風通聖散が合わない人とは?漢方の副作用・注意点と安全な使用方法を解説

2024.6.19
美容コラム

漢方薬の一つである防風通聖散は、特にダイエットや体質改善を目指す人々に人気があります。しかし、すべての人に適しているわけではなく、副作用や特定の体質や既往症に合わない場合もあります。この記事では、防風通聖散が合わない人の特徴や副作用、注意点、安全な使用方法について詳しく解説します。漢方の効果を最大限に引き出しながら、安全に使用するためのガイドラインを提供します。

防風通聖散とは?

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)は、日本で広く使用される漢方薬の一つで、肥満症や便秘、高血圧などの治療に用いられます。18種類の生薬を組み合わせたこの薬は、体内の余分な水分や老廃物を排出し、新陳代謝を促進する働きを持っています。

防風通聖散の成分とその働き

防風通聖散は、以下のような成分で構成されています。

  • 防風:発汗を促し、風邪を追い払う効果があります。
  • 黄ごん:炎症を抑え、熱を冷ます効果があります。
  • 芍薬:血行を改善し、筋肉の緊張を緩和します。
  • 甘草:炎症を抑え、咳を鎮める効果があります。

これらの成分が組み合わさることで、体内のバランスを整え、様々な症状の改善を助けます。

漢方に含まれる成分とその作用を説明

漢方薬は自然由来の成分を用いていますが、それぞれの成分が特定の働きを持っています。例えば、防風は風邪の初期症状を改善し、黄ごんは抗炎症作用があります。芍薬は血行促進に役立ち、甘草は解毒作用があります。これらの成分が相互に作用し合い、効果を発揮します。

防風通聖散の基本的な効果と効能

防風通聖散の主な効果には、便秘解消や肥満症の改善、新陳代謝の促進があります。また、血圧を下げる効果も期待できます。

ダイエット効果や体質改善の効果を解説

防風通聖散は、体内の余分な脂肪を燃焼させ、代謝を促進することでダイエット効果を発揮します。また、便秘を解消することで腸内環境を整え、全体的な体質改善に寄与します。正しい使用方法と生活習慣の見直しを組み合わせることで、より効果的に目標を達成できます。

防風通聖散が合わない人の特徴

防風通聖散は、幅広い効果を持つ漢方薬ですが、すべての人に適しているわけではありません。特定の体質や既往症を持つ人には、副作用が出やすくなることがあります。ここでは、防風通聖散が合わない人の特徴とその理由について詳しく解説します。

合わない人の主な症状

防風通聖散が合わない人には、いくつかの共通する症状が見られます。これらの症状は、薬の成分が体質に合わない場合に発生することが多いです。

下痢、発汗、動悸、発疹、吐き気などの症状

防風通聖散を服用した後に以下の症状が見られる場合、体質に合っていない可能性があります。

  • 下痢
    防風通聖散には、体内の余分な水分を排出する成分が含まれているため、過剰に反応すると下痢を引き起こすことがあります。
  • 発汗
    過剰な発汗は、体の水分バランスが崩れることによるものです。特に発汗過多の場合、脱水症状のリスクが高まります。
  • 動悸
    心拍数が異常に速くなる動悸は、防風通聖散の刺激成分が心臓に負担をかけることによるものです。
  • 発疹
    皮膚に発疹が出る場合は、薬の成分に対するアレルギー反応が考えられます。
  • 吐き気
    消化器系に負担がかかると、吐き気や嘔吐を引き起こすことがあります。

防風通聖散を避けるべき体質や既往症

防風通聖散は、特定の体質や既往症を持つ人には避けるべき薬です。これらの条件を持つ人は、特に注意が必要です。

高血圧、心臓病、腎臓病などの既往症がある人

  • 高血圧
    防風通聖散には、血圧を上げる成分が含まれているため、高血圧の人は避けるべきです。
  • 心臓病
    心臓に負担をかける可能性があるため、心臓病の既往症がある人は使用を控えるべきです。
  • 腎臓病
    腎臓に負担がかかる成分が含まれているため、腎臓病の人も避けるべきです。

体質に合わない場合のリスクと対処法

防風通聖散が体質に合わない場合、リスクが伴います。これらのリスクを理解し、適切な対処法を知ることが重要です。

合わない場合の対処法と医師への相談の重要性

防風通聖散が体質に合わないと感じた場合、以下の対処法を実践してください。

  • 1.服用を中止する
    まず、すぐに防風通聖散の服用を中止してください。
  • 2.医師に相談する
    症状が改善しない場合や重篤な症状が現れた場合は、必ず医師に相談してください。
  • 3.症状を記録する
    症状が出た時の状況や体調を記録し、医師の診断に役立てましょう。

これらの対処法を実践することで、体質に合わない場合のリスクを最小限に抑えることができます。

防風通聖散の副作用と注意点

防風通聖散は、多くの効果を持つ漢方薬ですが、使用する際には副作用と注意点を理解しておくことが重要です。特定の体質や健康状態によっては、望ましくない反応が出ることがあります。ここでは、防風通聖散の主な副作用とそれに対する対策、副作用が現れた場合の対処法、そして服用を避けるべき人について詳しく説明します。

防風通聖散の主な副作用

防風通聖散は、複数の生薬を組み合わせた漢方薬であり、それぞれの成分が持つ特性により、様々な副作用が現れることがあります。以下に主な副作用を挙げ、それぞれの対策についても触れます。

具体的な副作用のリストとその対策​

1. 消化器系の問題
  • 下痢
    体内の余分な水分を排出する効果が強いため、下痢を引き起こすことがあります。水分補給を十分に行い、必要に応じて薬の服用を中止してください。
  • 吐き気や嘔吐
    消化器系に負担がかかると、吐き気や嘔吐を感じることがあります。軽い食事を摂り、薬の服用を一時中止することが有効です。
2. 皮膚の反応
  • 発疹やかゆみ
    アレルギー反応として発疹やかゆみが現れることがあります。皮膚の状態を清潔に保ち、症状が続く場合は抗アレルギー薬を使用するか、医師に相談してください。
3. 循環器系の問題
  • 動悸や血圧の上昇
    成分の一部が心拍数を上げることがあり、動悸や高血圧を引き起こすことがあります。これらの症状が出た場合は、すぐに服用を中止し、医師に相談することが重要です。
4. 発汗
  • 過剰な発汗
    体内の余分な水分を排出するために、発汗が増加することがあります。発汗による脱水症状を防ぐために、十分な水分補給が必要です。

副作用が現れた場合の対処法

防風通聖散の副作用が現れた場合、迅速かつ適切に対処することが重要です。以下に、副作用が現れた際の具体的な対処法を示します。

すぐに服用を中止し、専門医に相談する方法

  • 1.服用の中止
    副作用が現れた場合、まずは防風通聖散の服用をすぐに中止してください。これにより、症状の悪化を防ぐことができます。
  • 2.症状の記録
    どのような副作用が現れたのか、詳細に記録しておきましょう。発症時の状況や持続時間、症状の強さなどをメモしておくと、医師に相談する際に役立ちます。
  • 3.医師への相談
    副作用の症状が軽減しない場合や、症状が重篤な場合は、速やかに医師に相談してください。症状を詳細に説明し、適切な治療を受けることが重要です。
  • 4.他の薬との相互作用
    防風通聖散以外の薬を服用している場合、その情報も医師に伝えましょう。薬の相互作用が副作用の原因となっている可能性もあります。

防風通聖散の服用を避けるべき人

防風通聖散は、特定の健康状態や体質を持つ人には適さない場合があります。以下のような人は、服用を避けるべきです。

特定の病歴を持つ人や妊娠中の女性など

1. 特定の病歴を持つ人
  • 高血圧の人
    防風通聖散の成分が血圧を上昇させることがあるため、高血圧の人は服用を避けるべきです。
  • 心臓病の人
    心拍数に影響を与える成分が含まれているため、心臓病の既往症がある人には不適です。
  • 腎臓病の人
    腎臓に負担をかける成分が含まれているため、腎臓病の人も避けるべきです。
2. 妊娠中の女性

妊娠中は薬の影響を受けやすいため、防風通聖散の服用は避けたほうが良いです。特に胎児への影響を考慮する必要があります。

3. 授乳中の女性

防風通聖散の成分が母乳に移行する可能性があるため、授乳中の女性も服用を避けるべきです。

防風通聖散の服用を開始する前には、必ず医師に相談し、自分の健康状態や体質に合っているか確認することが大切です。

防風通聖散の安全な使用方法

防風通聖散は、正しい使用方法を守ることで、その効果を最大限に引き出し、安全に服用することができます。ここでは、防風通聖散の正しい服用方法と注意点、他の薬との飲み合わせの注意点、そして生活習慣の見直しについて詳しく解説します。

正しい服用方法と注意点

防風通聖散を安全に効果的に使用するためには、正しい服用方法とその注意点を理解することが重要です。

正確な服用量とタイミングについて

防風通聖散の効果を最大限に引き出すためには、正確な服用量とタイミングを守ることが不可欠です。

  • 1.服用量
    防風通聖散の服用量は、製品の種類や個人の体質によって異なる場合があります。一般的には、成人の場合、1日2回から3回、1回に2.5gから5gを目安に服用します。必ず製品の説明書や医師の指示に従ってください。
  • 2.タイミング
    防風通聖散は、食前または食間に服用するのが効果的です。食前に服用することで、胃腸の負担を軽減し、薬の吸収を高めることができます。食間とは、食事と食事の間、通常は食後2~3時間後を指します。
  • 3.水と一緒に服用
    防風通聖散を服用する際は、コップ1杯の水と一緒に飲むことが推奨されます。これにより、薬の成分が体内でスムーズに吸収されます。

他の薬との飲み合わせの注意点

防風通聖散は、他の薬と併用する際に注意が必要です。特に、相互作用のリスクがある薬との組み合わせには十分な注意を払う必要があります。

他の薬との相互作用と安全な組み合わせ

  • 1.ロキソニンとの併用
    防風通聖散とロキソニン(ロキソプロフェン)を併用する場合、胃腸障害のリスクが高まる可能性があります。どちらも胃に負担をかけるため、併用は避けるか、医師に相談してから使用することが重要です。
  • 2.花粉症の薬との飲み合わせ
    花粉症の薬と防風通聖散を併用する際も注意が必要です。例えば、抗ヒスタミン薬と併用すると、眠気や集中力の低下などの副作用が増強されることがあります。併用する前に医師や薬剤師に相談してください。
  • 3.その他の漢方薬との併用
    複数の漢方薬を併用すると、効果が増強される場合もありますが、副作用のリスクも高まります。同じ成分が含まれている場合は特に注意が必要です。使用前に専門家に相談することが推奨されます。

防風通聖散を飲む際の生活習慣の見直し

防風通聖散の効果を最大限に引き出すためには、生活習慣の見直しも重要です。適切な食事や運動を取り入れることで、健康的な生活を維持しやすくなります。

食事や運動のアドバイスと総合的な健康管理

  • 1.バランスの取れた食事
    防風通聖散を服用する際は、バランスの取れた食事を心がけましょう。野菜や果物を多く取り入れ、脂肪分や糖分を控えめにすることで、体質改善を促進します。
  • 2.適度な運動
    適度な運動は、新陳代謝を促進し、防風通聖散の効果をサポートします。ウォーキングやジョギング、ヨガなど、無理のない範囲で運動を取り入れましょう。
  • 3.十分な水分補給
    防風通聖散を服用しているときは、十分な水分を摂取することが重要です。特に発汗が多い場合や運動をしている場合は、水分補給をこまめに行い、脱水症状を防ぎましょう。
  • 4.規則正しい生活
    規則正しい生活リズムを保つことで、体内のバランスを整えやすくなります。毎日同じ時間に起床し、食事や運動の時間を一定にすることを心がけてください。

防風通聖散を安全に効果的に使用するためには、これらのポイントを守ることが大切です。生活習慣の見直しと合わせて使用することで、より健康的な体を手に入れることができるでしょう。

防風通聖散とダイエットの関係

防風通聖散は、肥満改善や便秘解消の効果があるため、ダイエットを目指す人々に人気のある漢方薬です。しかし、単に防風通聖散を服用するだけでなく、他のダイエット法や運動、食事管理と併用することで、より効果的に目標を達成することができます。ここでは、防風通聖散とダイエットの関係について詳しく解説します。

ダイエット効果を高めるための併用方法

防風通聖散のダイエット効果を最大限に引き出すためには、他のダイエット法と併用することが重要です。

他のダイエット法と併用する方法

  • 1.カロリー制限
    防風通聖散は、体内の代謝を促進し、脂肪の燃焼を助けますが、カロリー制限を併用することで、さらに効果が高まります。摂取カロリーを減らし、バランスの取れた食事を心がけましょう。
  • 2.運動の取り入れ
    有酸素運動や筋力トレーニングを行うことで、防風通聖散の効果をサポートします。運動はカロリー消費を促進し、筋肉量を増やすことで基礎代謝を向上させます。
  • 3.水分補給
    防風通聖散を服用しているときは、十分な水分を摂取することが重要です。水分補給を適切に行うことで、体内の代謝がスムーズに進みます。
  • 4.食物繊維の摂取
    食物繊維は、腸内環境を整える働きがあります。防風通聖散と併用することで、便秘解消効果が高まり、ダイエット効果が向上します。

ダイエット成功のための運動と食事管理

防風通聖散の効果を最大限に引き出すためには、運動と食事管理が不可欠です。

運動や食事管理の具体的な方法​

1. 運動の具体例
  • ウォーキング
    毎日30分から1時間のウォーキングを取り入れることで、有酸素運動による脂肪燃焼効果が期待できます。
  • 筋力トレーニング
    週に2〜3回の筋力トレーニングを行うことで、筋肉量を増やし、基礎代謝を向上させます。スクワット、腕立て伏せ、ダンベルを使ったトレーニングなどがおすすめです。
  • ストレッチ
    毎日のストレッチで、筋肉の柔軟性を保ち、運動の効果を高めることができます。
2. 食事管理の具体例
  • バランスの取れた食事
    野菜、果物、タンパク質、炭水化物をバランスよく摂取することが重要です。特に、野菜や果物にはビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、積極的に取り入れましょう。
  • 適切な食事のタイミング
    1日3回の食事を規則正しく摂ることが、体内のリズムを整え、代謝を促進します。朝食をしっかり摂り、夕食は軽めにするのが理想的です。
  • スナックの選び方
    間食は、ナッツやヨーグルトなどのヘルシーな選択肢を選ぶことで、余分なカロリー摂取を防ぎます。

防風通聖散に頼りすぎないダイエットのコツ

防風通聖散はダイエットに効果的ですが、それだけに頼るのではなく、総合的なアプローチが重要です。

健康的なダイエットのためのバランスの取れたアプローチ

  • 1.長期的な視点
    短期間で急激なダイエットを目指すのではなく、長期的な視点で無理のないペースで体重を減らすことが大切です。急激な体重減少はリバウンドの原因となります。
  • 2.生活習慣の見直し
    防風通聖散を服用するだけでなく、日常生活の習慣を見直すことが重要です。規則正しい生活、十分な睡眠、ストレス管理などを心がけましょう。
  • 3.専門家のサポート
    ダイエットに関する専門家(栄養士、トレーナー、医師)からのアドバイスを受けることで、より効果的で安全なダイエットが可能になります。

防風通聖散は、正しい方法で使用することでダイエットに大きな効果を発揮しますが、他のダイエット法と併用し、バランスの取れた生活習慣を心がけることが成功への鍵です。

よくある質問

防風通聖散に関するよくある質問にお答えします。長期間の服用について、市販での購入可否、そして肝臓への影響について詳しく説明します。

防風通聖散を長期間服用しても大丈夫?

防風通聖散を長期間服用することについての安全性は、個々の体質や健康状態に依存します。一般的に、防風通聖散は長期的な使用を前提としていないため、一定期間服用して効果が見られない場合や、副作用が現れた場合は、服用を中止し医師に相談することが推奨されます。特に、以下の点に注意が必要です。

  • 1.体質に合った使用
    防風通聖散が体質に合わない場合、長期間の服用は避けるべきです。初めて使用する場合は、少量から始め、体の反応を観察してください。
  • 2.副作用の管理
    長期間使用することで、副作用のリスクが高まる可能性があります。特に下痢や発疹、動悸などの症状が現れた場合は、すぐに服用を中止し、医師に相談してください。
  • 3.定期的な医師の診察
    長期間服用する場合は、定期的に医師の診察を受け、健康状態を確認することが重要です。医師は、必要に応じて服用量や期間を調整することができます。

防風通聖散は市販で購入可能?

防風通聖散は、市販で購入することが可能です。多くのドラッグストアやオンラインショップで取り扱われています。しかし、市販品を購入する際には、以下の点に注意してください。

  • 1.正規の製品を選ぶ
    防風通聖散には様々なブランドや製品があり、中には品質が保証されていないものもあります。信頼できるメーカーの製品を選ぶことが重要です。日本の厚生労働省が承認した医薬品を選ぶと安心です。
  • 2.使用方法を守る
    市販の防風通聖散には、パッケージに使用方法や注意事項が記載されています。これをしっかりと守り、自己判断での過剰摂取を避けてください。
  • 3.医師や薬剤師に相談
    市販薬を購入する前に、医師や薬剤師に相談することで、適切な使用方法や副作用のリスクについてのアドバイスを受けることができます。

防風通聖散は肝臓に悪い影響を与える?

防風通聖散は、多くの漢方薬と同様に、適切に使用すれば安全とされていますが、肝臓に負担をかける可能性がある成分も含まれています。特に、以下の点に注意が必要です。

  • 1.肝臓の健康状態
    既に肝臓に問題を抱えている人や、肝機能に異常がある人は、防風通聖散の服用に注意が必要です。肝臓に負担をかける可能性があるため、必ず医師に相談してください。
  • 2.他の薬との併用
    肝臓で代謝される他の薬を服用している場合、防風通聖散との相互作用により肝臓への負担が増加することがあります。特に、アルコールや鎮痛剤などの併用には注意が必要です。
  • 3.副作用の兆候
    防風通聖散を服用している間に、黄疸(皮膚や目の白い部分が黄色くなる)、疲労感、食欲不振、腹痛などの肝臓の問題を示す症状が現れた場合は、すぐに服用を中止し、医師に相談してください。

まとめ

防風通聖散は、多くの効果を持つ漢方薬ですが、その使用にはいくつかの注意点とリスクが伴います。この記事では、防風通聖散が合わない人の特徴や副作用、正しい使用方法、ダイエットとの関係について詳しく解説しました。

防風通聖散の効果を最大限に引き出すためには、正しい服用方法と生活習慣の見直しが不可欠です。また、他の薬との併用や長期間の服用については、必ず医師や薬剤師に相談し、適切なアドバイスを受けることが重要です。

さらに、防風通聖散だけに頼らず、バランスの取れた食事や適度な運動を取り入れることで、健康的な体質改善とダイエットを実現することができます。防風通聖散の使用を検討している方は、自分の体質や健康状態に合った方法で、安全に効果的に活用してください。

関連ページ

提携クリニック

この記事の監修

髙木 希奈

一般社団法人予防医療研究会 理事長
聖マリアンナ医科大学卒業
精神保健指定医、精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医
「Bell Clinic 松濤」 特別顧問
医療提携エステ「銀座メディック」顧問
著書に「あなたの周りの身近な狂気」(セブン&アイ出版)「間取りの恋愛心理学」(三五館)など。
【資格】
医師免許、精神保健指定医、精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医



小西 恒

2008年に自治医科大学医学部を卒業。2010年に大阪府立急性期総合医療センター産婦人科に勤務後、2014年に大阪府障害者福祉事業団すくよかで医療部長を務めました。2015年から大阪府健康医療部で地域保健課主査を歴任し、2017年から愛賛会浜田病院産婦人科に勤務。2020年より某大手美容外科で働き、2021年には小倉院と心斎橋御堂筋院の院長を務めました。2023年からはルヴィクリニック院長に就任しています。
【資格・所属学会】
ボトックスビスタ® 認定医、 ジュビダームビスタ® 認定医、 ジュビダームビスタ® バイクロス 認定医、 日本美容外科学会(JSAS) 正会員、 日本産科婦人科学会 会員、 日本産科婦人科学会 専門医、 日本医師会認定産業医、 母体保護法指定医

YouTubeリンク

お問い合わせ

050-3358-2363

電話受付時間/10:00~19:00
(休診日:不定休)