美しく安全に✨💉〜ボトックス注射の全貌—効果からリスクまで徹底解説〜

2024.5.7
美容コラム

ボトックス注射とは?

ボトックス注射は、ボツリヌス菌から抽出されたA型ボツリヌス毒素を活用して、筋肉の動きを一時的に抑制する治療法です。これにより、しわの改善やエラの削減、リフトアップなどの美容効果が期待できます。ボトックスはまた、多汗症や肩こりの治療にも用いられています​ 。

美容治療で使用されるボトックスは生理食塩水で薄められ、人体に安全に使用できるように調整されています。通常、ボトックス注射の効果は数ヶ月持続し、その後は再注入が必要になります​

ボトックス注射の副作用やデメリットは?

ボトックス注射は通常、安全で信頼されている施術ですが、いくつかの副作用やデメリットが存在します。副作用の一般的な発生率は低いものの、注意が必要です。

主な副作用

  • 内出血や腫れ、赤み: 注射部位によく見られる反応で、通常は一時的なものです。
  • アレルギー反応: 稀に、ボトックス成分に対してアレルギー反応が起こる可能性があります。これには腫れやかゆみが含まれ、重症の場合にはアナフィラキシーショックが発生することもあります。
  • 眼瞼下垂(まぶたのたるみ): 注射が目の周りの筋肉に影響を与えると、まぶたが正常に持ち上がらなくなることがあります。
  • 顔の非対称性: 注射されるボトックスの量や位置が不均一な場合、顔の左右で見た目が異なることがあります。但し、もともと人の顔は左右非対称のため、完全に左右対称にすることは非常に難しいといえるでしょう。
  • 表情の不自然さ: 過剰なボトックス注入は、表情筋の動きを過度に制限し、不自然な表情を引き起こすことがあります。

管理と対処

副作用を最小限に抑えるためには、経験豊富で技術力の高い医師を選ぶことが重要です。また、施術後は注入部位を触らないようにし、過度な運動や熱を避けることが推奨されます。何か異常を感じた場合は、速やかに医師の診察を受けることが大切です。

経済的考慮

ボトックス治療は保険適用外であり、全額自費負担となるため、継続的な治療には相応の費用が必要です。効果は一時的で、定期的な再治療が必要になることが多いため、長期的な費用も考慮する必要があります。

これらの情報は、ボトックス治療を検討している方が知っておくべき重要な点です。治療を受ける前には、これらのリスクと利点を理解し、信頼できるクリニックと医師を選ぶことが肝心です。

ボトックス注射での失敗事例を部位ごとに紹介

ボトックス注射は多くの美容効果をもたらしますが、適切な技術と経験が不足していると、望ましくない結果が発生することがあります。ここでは、ボトックス注射の一般的な失敗事例を部位別に紹介します。

エラのボトックス注射

エラのボトックス注射は、適切に行われない場合、顎の筋肉が不均等に緩むことがあり、食事中の咀嚼に影響を与えることがあります。筋肉の分布や特性は個人差が大きいため、施術前の正確な診断と計画が不可欠です​​。

額や眉間のボトックス注射

額や眉間の注射は、主に表情ジワを軽減する目的で行われますが、前頭筋が過度に弛緩すると、眉が持ち上がらず、目の周りの筋肉バランスが崩れ、眼瞼下垂(まぶたのたるみ)や怒ったような表情に見えるリスクがあります​。

シワのボトックス注射

目尻や口元のシワ改善に使用されることが多いボトックスですが、不適切な注射点や量は、表情の硬直や不自然さを招くことがあります。特に、筋肉の動きを自然に保つためには、施術者の熟練度が重要です​​。

脇のボトックス注射

脇下の多汗症治療に用いられるボトックス注射は、適切な深さや量で注入されない場合、期待される効果が得られないことがあります。この施術は比較的失敗が少ないとされていますが、施術の準備として患者の皮膚状態を正確に評価することが重要です​。

ふくらはぎのボトックス注射

ふくらはぎのボトックス注射は、筋肉が過剰に発達した場合に細くする効果がありますが、脂肪が原因の場合には効果が得られないことがあります。また、注射後に運動時の違和感を感じることがあるため、施術前には筋肉の構造を詳しく理解しておく必要があります​。

これらの失敗事例を避けるためには、施術を受ける前に医師としっかりと相談し、適切な計画を立てることが重要です。また、医師の技術や経験も成功の鍵を握っています。

ボトックス注射のデメリット

ボトックス注射は美容医療として広く利用されていますが、デメリットや注意点も存在します。主なデメリットは以下の通りです:

  • 効果が現れるまでの時間:ボトックス注射の効果が現れるまでには部位によって異なりますが、目元やおでこは3日から2週間程度、エラは最大で1ヶ月、ワキや肩は2週間から1ヶ月程度が目安です。
  • 副作用のリスク:注射後には軽度の痛みや腫れ、内出血が起こる可能性があり、まれにアレルギー反応や倦怠感が現れることもあります。
  • 表情の不自然さ:特に顔の筋肉に注射した場合、表情が硬くなり、不自然に見えることがあります。これは注入量や技術に依存するため、熟練した医師による正確な施術が重要です。
  • 一時的な効果:ボトックス注射の効果は一時的で、持続期間は通常3〜6ヶ月です。定期的な再注入が必要となるため、継続的なコストがかかります。
  • 特定の条件での施術不可:妊娠中や授乳中、特定の疾患を持つ人はボトックス注射を受けることができません。

これらのデメリットを理解し、施術前には医師としっかり相談し、信頼できるクリニックで治療を受けることが重要です。

受けられない人

ボトックス注射は広範な美容効果を提供する一方で、特定の条件を持つ人には推奨されません。以下はボトックス注射が適さない主なケースです。

妊娠中・授乳中の人

ボトックスは妊娠中や授乳中の女性には一般的に推奨されていません。これは、ボトックスが胎児や乳児に与える影響が完全には明らかにされていないためです。安全性が完全に確認されるまでは、これらの条件に当てはまる方は施術を避けるべきです。

神経筋伝達に影響のある薬剤を使用している人

神経筋伝達障害を持つ人や、特定の薬剤(アミノグリコシド系抗生物質や抗凝固薬など)を使用している人は、ボトックス注射を受けるべきではありません。これらの薬剤はボトックスの効果を変化させる可能性があり、予期しない副作用や相互作用を引き起こすリスクがあります。

特定の慢性疾患を持つ人

重度の心疾患、肝機能障害、腎障害、または重い呼吸器疾患を持つ人は、ボトックス注射から得られるリスクがその利益を上回る可能性があります。これらの健康状態にある場合、施術を受ける前に詳細な医療評価が必要です。

これらの情報は、ボトックス治療を検討している方が知っておくべき重要なポイントです。治療を受ける前には、これらのリスクと利点を理解し、信頼できるクリニックと医師を選ぶことが肝心です。

注入後の注意点

ボトックス注射を受けた後、その効果を最大限に活かし、不要な副作用を避けるためには以下のような注意が必要です。

注射部位を触ったりしない

ボトックス注射後は、注射部位を触ることを避けるべきです。手や他の物で注射部位をこすったり圧迫したりすると、ボトックスが意図しない場所に拡散してしまい、予期せぬ副作用を引き起こす可能性があります。施術後の初日は特に、注射部位を刺激から保護することが推奨されています​。

治療後は妊娠を避ける

ボトックスが精子や卵子、胎児にどのような影響を与えるかはまだ明らかではありません。そのため、ボトックス注射後は少なくとも3ヶ月間は避妊が推奨されています。これは、男女両方に当てはまります。

治療後は激しい運動はしない・横にならない

ボトックス注射後は、激しい運動や入浴、飲酒など血流を増加させる行動は避けるべきです。これらの活動は体温を上昇させ、ボトックスの効果を弱める可能性があります。また、注射後数時間は横になることを避けることで、ボトックスが注入された薬剤が適切な位置に留まることを確保できます。

注射部位をこすらない・マッサージしない

注射部位を強くこすると、ボトックスが広範囲に広がってしまい、効果が不均一になることがあります。このため、注射部位のマッサージは避け、可能な限り優しく洗顔することが推奨されます。特に施術当日は、患部を強く刺激することなくケアすることが重要です​。

これらの注意点を守ることで、ボトックスの効果を安全に受けられるでしょう。

ボトックス注射は信頼できるメディカルアルファクリニックで

ボトックス注射は様々な美容効果が期待できますが、不適切な施術は副作用や予期しない結果を招くことがあります。適切なクリニックの選択は非常に重要で、医師の資格、経験、クリニックの設備と衛生状態、そして充実したアフターケアの提供が求められます。医師が持つ資格や美容外科に関する認定、施術実績の確認が重要で、クリニックが清潔であるか、緊急事態に対応できる体制が整っているかもチェックするべきです。

関連ページ

この記事の監修
髙木 希奈

一般社団法人予防医療研究会 理事長
聖マリアンナ医科大学卒業
精神保健指定医、精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医
「Bell Clinic 松濤」 特別顧問
医療提携エステ「銀座メディック」顧問
著書に「あなたの周りの身近な狂気」(セブン&アイ出版)「間取りの恋愛心理学」(三五館)など。

お問い合わせ

050-3358-2363

電話受付時間/10:00~19:00
(休診日:不定休)