若々しい目元を演出する涙袋の秘密とは

2024.4.11
美容コラム

涙袋の形成は、目元に立体感を与え、より若々しく魅力的な印象をもたらします。特に若年層の女性に人気があり、その方法としてヒアルロン酸注射が注目されています​ ​。

ヒアルロン酸注射の基本

ヒアルロン酸注射は、自然な水分保持機能を有するヒアルロン酸を用いた美容医療です。この方法により、目元の印象を変え、ふっくらとした愛らしい涙袋を形成することができます​ 。施術は短時間で完了し、メスを使わないため、回復期間が短いというメリットがあります​ ​。

ヒアルロン酸注射の魅力と注意点

目元の魅力を引き出す

ヒアルロン酸による涙袋の形成は、目を大きく見せる効果があり、顔に優しさと魅力を加えます。また、メイクの時間短縮にも寄与し、忙しい毎日を少し楽にすることが期待できます​​。

注射時の痛みとダウンタイム

涙袋へのヒアルロン酸注入は、比較的痛みを感じやすい施術ですが、痛みを軽減するための対策が多数存在します。内出血や腫れなど、一時的な副作用が生じる可能性があるため、重要な予定の前には施術を避けることが推奨されます​​。

失敗を避けるために

経験豊富な医師を選ぶ

施術の成功は医師の技術に大きく依存します。経験豊富な医師による正確な注入技術は、望む結果を得るために不可欠です。また、カウンセリングを通じて患者様の希望を正確に理解し、理想のデザインを共有することも重要です。

施術後のケアを怠らない

施術後の適切なケアは、美しい結果を維持するために欠かせません。腫れや内出血が生じた場合は、指示に従ってケアを行い、問題が続く場合は迅速にクリニックに相談しましょう​。

涙袋のヒアルロン酸注射は、適切な手順とケアにより、目元の魅力を最大限に引き出すことができます。自分に合ったクリニックと医師を選び、望む結果を手に入れましょう。

涙袋へのヒアルロン酸注射には、多くの魅力がありますが、いくつかの注意点も存在します。以下にその主なデメリットをまとめました。

ヒアルロン酸注射のデメリット

再注入の必要性

ヒアルロン酸は体内で自然に吸収されるため、涙袋を維持するには定期的な再注入が必要です。効果の持続期間は半年から1年半と個人差があります​​。

リスクの存在

内出血や腫れのリスクがあり、極稀に血管閉塞による皮膚の壊死や失明などの重大な事故の報告も存在します。これらのリスクを軽減するために、マイクロカニューレを使用するクリニックもあります。

痛みや違和感、たるみ

注射時にはチクッとした痛みを感じる場合があります。また、短期間に何度も施術を繰り返すとたるみなどの皮膚トラブルが発生する可能性があり、痛みや違和感も伴うことがあります​​。

不自然な仕上がりの可能性

涙袋に適さない硬さの製剤を使用するとボコボコ感が出たり、注入量が多すぎると不自然な大きさになることがあります。さらに、皮膚の浅い箇所に注入されすぎるとヒアルロン酸が青白く透けて見えることがあります(チンダル現象)​。

左右差が出る可能性

もともとの涙袋の左右差や注入量の調整不足、体内での吸収量の違いにより、左右非対称となることがあります​。

これらのデメリットを避けるためにも、施術前のカウンセリングでしっかりと希望を伝え、クリニックや医師の選定を慎重に行うことが重要です。また、施術後に何か違和感を感じた場合は、すぐにクリニックに相談しましょう。

涙袋へのヒアルロン酸注射は、理想的な目元を目指す上で非常に人気がありますが、注意すべき失敗例も存在します。

ヒアルロン酸注射の失敗例

変化がない、綺麗に膨らまない、たるみが大きくなる

涙袋のヒアルロン酸注入は個々の涙袋の膨らみやすさを見極める必要があります。目の下の脂肪が突出している方は、涙袋が綺麗に膨らまないか、たるみが大きくなる可能性があります​​。

左右差が出る

左右でヒアルロン酸の注入量に差がある、時間経過による吸収の差、目が左右非対称であるなどの理由で左右差が出ることがあります​​。

大きすぎる、青く透ける(チンダル現象)

注入量が多すぎると、涙袋が不自然に大きくなったり、皮膚の浅い部分に注入しすぎると青く透けて見えることがあります(チンダル現象)​。

たるむ可能性

短期間に何度も施術を繰り返すと、たるみや皮膚トラブルの原因になりうるため、注意が必要です​。

痛み

施術時には涙が止まらないほどの痛みを感じることもありますが、痛みを和らげるオプションがあるため、施術前に医師に相談しましょう​ ​。

失敗を避けるためには、施術を受ける前にしっかりとカウンセリングを行い、医師と理想の涙袋について話し合うことが大切です。また、硬すぎず柔らかすぎない製剤の選択や、適切な注入箇所・量を見極められる医師に依頼することも重要です​。

施術後に違和感がある場合は、すぐに医師に相談しましょう。また、施術の持続期間は3ヶ月から1年程度と認識しておくと良いでしょう​​。理想とする涙袋を得るために、これらの点に注意しながら慎重にクリニック選びを行ってください。

ヒアルロン酸による涙袋形成は、目元をふっくらとさせ、若々しい印象を与える効果が期待できる美容施術です。この施術を成功させるためには、クリニック選びが重要となります。

ヒアルロン酸以外で涙袋をつくる為には

ヒアルロン酸注射による涙袋形成は、目元を華やかに見せ、若々しい印象を与える美容施術です。この方法は目を大きく見せ、日々のメイク時間を短縮する効果もあります。施術は短時間で完了し、比較的短いダウンタイムで日常生活に戻ることができるため、忙しい人にも適しています。また、ヒアルロン酸注射後の修正が可能な点もメリットの一つです。

しかし、ヒアルロン酸注射以外にも涙袋を作る方法は存在します。眼輪筋トレーニングは、手術や注射を使わない自然な方法で、涙袋を目立たせることができます。眼輪筋を鍛えることで、瞼のたるみやくぼみ、目の下のクマが改善され、アンチエイジングにもつながります。ただし、鍛えすぎると目尻にしわが目立ったり、顔の形が変わる可能性があるため、適度なトレーニングが推奨されます​。

経結膜脱脂手術は、下瞼の裏側から眼窩脂肪を取り除き、目の下の膨らみを減らして涙袋をよりはっきりさせる手術です。この手術は、内出血を最小限に抑えることが可能であり、皮膚のたるみやクマの改善が期待できます。しかし、手術後に皮膚が余ってしまうことでたるみやしわが悪化するリスクがあります​。

涙袋を形成する方法を選ぶ際は、それぞれのメリット・デメリットを理解し、自分の目的やライフスタイルに合った方法を選ぶことが重要です。また、美容施術を受ける際は、経験豊富な医師に相談し、適切なカウンセリングを受けることをお勧めします。

ヒアルロン酸注射や脱脂手術などの涙袋形成施術には、それぞれの経過とリスクがあります。これらの施術は目元の印象を大きく変える可能性がありますが、慎重な検討と信頼できる医師の選択が重要です。

施術の経過とリスク

ヒアルロン酸注入

  • 内出血や腫れ:ヒアルロン酸注射後、一時的に内出血や腫れが生じることがあります。これらは通常、数日から数週間で自然に改善します。
  • 血管閉塞や皮膚壊死:非常に稀ですが、注入されたヒアルロン酸が血管を閉塞し、皮膚壊死や失明を引き起こすリスクがあります。
  • アフターケア:施術後は洗顔や入浴は可能ですが、メイクや激しい運動、飲酒は24時間は控えるように指示されることがあります。

脱脂手術

腫れ

脱脂手術後、1週間程度腫れが見られることがありますが、これは個人差があります。

内出血

施術中の麻酔注射により、内出血を引き起こす可能性がありますが、これは2週間程度で改善することが多いです。

疼痛

1~2週間程度、目を動かしたり圧迫したときに違和感や痛みを感じることがあります。

出血

手術後、約1週間涙のように出血が続くことや、まれに鼻から出血することがあります。

血腫

手術部位に血が溜まり、塊のようになることがありますが、通常は自然に吸収されます。

シコリ感

脂肪注入後、シコリ感が続くことがあります。

抜糸

経皮的脱脂法と目の下のたるみ取りを行った場合、約1週間後に抜糸が必要です。

これらの施術には、見た目を改善する大きなメリットがありますが、リスクや不安を感じる方もいるかもしれません。施術を受ける前に、リスクや期待できる結果について十分に医師と話し合い、自分に最適な選択をすることが重要です​ヒアルロン酸注射や脱脂手術などの涙袋形成施術には、それぞれの経過とリスクがあります。これらの施術は目元の印象を大きく変える可能性がありますが、慎重な検討と信頼できる医師の選択が重要です。

施術料金とその選択肢

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射は、メスを使用しない方法で涙袋を形成する人気のある手法です。この施術では、アラガン ボルベラなどの製剤が使用され、1本あたりの料金は85,000円~とされています(2024年4月1日時点の価格)。ヒアルロン酸は自然な仕上がりを提供し、チンダル現象(注入したヒアルロン酸が青く透けて見える現象)を起こしにくいため、目元に適しています。

脱脂手術

一方で、涙袋の形成には脱脂手術も有効な選択肢とされています。経結膜脱脂法は250,000円(2024年4月1日時点の価格)、笑気麻酔など追加費用が発生する場合もあります。脱脂手術では、目の下の余分な脂肪を取り除き、自然な涙袋を形成します。

施術後の注意点

ヒアルロン酸注射や脱脂手術を受けた後は、一定期間、内出血や腫れが生じることがあり、これらは施術の種類や個人の体質によって異なります。また、ヒアルロン酸注射では、定期的な再注入が必要になる場合があります。

クリニック選びの重要性

涙袋の形成を検討する際は、信頼できる医師の選択が非常に重要です。丁寧なカウンセリングやアフターフォローが充実しているクリニックを選ぶことで、施術後のリスクを最小限に抑えることができます。また、ウェブからの予約も可能なクリニックが多く、

涙袋の形成には様々な方法があり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。自分に合った方法を選ぶためには、美容医療に精通した医師との相談が不可欠です。

関連ページ

この記事の監修
髙木 希奈

一般社団法人予防医療研究会 理事長
聖マリアンナ医科大学卒業
精神保健指定医、精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医
「Bell Clinic 松濤」 特別顧問
医療提携エステ「銀座メディック」顧問
著書に「あなたの周りの身近な狂気」(セブン&アイ出版)「間取りの恋愛心理学」(三五館)など。

お問い合わせ

050-3358-2363

電話受付時間/10:00~19:00
(休診日:不定休)