ヒアルロン酸によるほうれい線治療のデメリット

2024.7.2
美容コラム

ほうれい線が目立つ原因とは

ほうれい線が目立つ原因は、複数の要因が組み合わさっています。これらの要因を理解することで、適切な予防策や治療法を選択する手助けになります。加齢や生活習慣、環境要因などが主な原因として挙げられます。以下に、具体的な要因を詳細に解説します。

加齢による美肌成分や骨密度の低下

加齢はほうれい線が目立つ最も一般的な原因の一つです。年齢を重ねると、肌の弾力やハリを保つために必要な美肌成分であるコラーゲンやエラスチンが減少します。これにより、肌がたるみ、ほうれい線が深くなります。また、40代以降は特に、顔の骨密度も低下してくるため、顔全体の骨格が変わり、これもほうれい線の原因となります。若い頃は肌が弾力を保ちやすいため、ほうれい線が目立ちにくいですが、加齢によりこのバランスが崩れます。

加齢に伴うこれらの変化は避けられない部分もありますが、適切なスキンケアや生活習慣の見直しで、進行を遅らせることは可能です。たとえば、コラーゲンやエラスチンを増やすための美容成分を含むスキンケア製品を使用したり、バランスの取れた食事や適度な運動を心がけることが重要です。また、若い頃からのUV対策も、長い目で見れば大きな効果があります。

紫外線や過度なスキンケアによる肌のたるみ

紫外線は肌に大きなダメージを与え、ほうれい線を目立たせる原因となります。紫外線を浴びることで、肌のコラーゲンやエラスチンが破壊され、これが原因で肌がたるみ、ほうれい線が深くなります。特に小鼻の周りはデリケートで、紫外線の影響を受けやすい部分です。過度なスキンケアも肌に負担をかけ、かえってたるみを引き起こすことがあります。例えば、過剰なクレンジングや頻繁なピーリングは肌のバリア機能を低下させ、乾燥や炎症を引き起こしやすくなります。

予防策としては、毎日のUV対策が欠かせません。日焼け止めをしっかり塗ることはもちろん、帽子やサングラス、日傘などで物理的に紫外線を防ぐことも効果的です。また、スキンケアは適度を守り、肌に優しい成分のものを選ぶことが大切です。保湿をしっかり行い、肌のバリア機能を保つことで、たるみやほうれい線の予防につながります

もともとの骨格や癖

もともとの骨格や表情の癖もほうれい線が目立つ要因となります。骨格が原因でほうれい線が目立つ場合、遺伝的な要素が大きく関与しています。例えば、頬骨が高い人や顔の脂肪が少ない人は、若い頃からほうれい線が目立ちやすいです。また、表情の癖もほうれい線を深くする原因となります。頻繁に笑ったり、眉間にシワを寄せるなどの表情を繰り返すと、肌に繰り返し圧力がかかり、シワやほうれい線が深くなります。

対策としては、表情の癖を意識して改善することが有効です。例えば、笑顔を作るときに目元も一緒に笑うようにすると、口元のほうれい線にかかる負担が軽減されます。また、顔の筋肉を鍛えるフェイシャルエクササイズも効果的です。顔の筋肉を意識的に動かすことで、血行が良くなり、肌のハリや弾力を保つ手助けをします。さらに、日常的に良い姿勢を保つことも、顔全体のたるみを予防するのに役立ちます。

ヒアルロン酸注入によるほうれい線治療のデメリット

ヒアルロン酸注入は、手軽に行えるほうれい線治療として人気がありますが、いくつかのデメリットも存在します。ここでは、ヒアルロン酸注入によるほうれい線治療の代表的なデメリットについて詳しく解説します。

持続期間が短いため定期的なメンテナンスが必要

ヒアルロン酸注入によるほうれい線治療のデメリットの一つは、効果の持続期間が比較的短いことです。一般的に、ヒアルロン酸の効果は6ヶ月から1年程度持続しますが、個人差があり、持続期間がそれ以下になることもあります。これはヒアルロン酸が体内で徐々に吸収されていくためです。そのため、継続的にほうれい線を目立たなくするためには、定期的なメンテナンスが必要となります。

このように、繰り返し施術を受ける必要があるため、治療費が継続的にかかる点もデメリットと言えます。また、施術を繰り返すことで、注入部位の皮膚が薄くなったり、感覚が変わったりするリスクもあります。定期的なメンテナンスを受けることに抵抗がある方や、長期間にわたる経済的な負担を避けたい方にとっては、ヒアルロン酸治療のこの特性は大きなハードルとなるかもしれません。

一方で、持続期間を延ばすためには、施術後の適切なアフターケアが重要です。日常生活でのスキンケアや生活習慣の見直しを行うことで、効果の持続をサポートすることができます。また、信頼できる医師のもとで定期的なチェックを受けることも、効果を長持ちさせるための一つの方法です。

不自然な見た目になる可能性がある

ヒアルロン酸注入によるほうれい線治療では、不自然な見た目になる可能性があります。適切な量を注入しなかったり、注入箇所を間違えたりすると、顔のバランスが崩れ、違和感を覚える仕上がりになってしまうことがあります。不自然な膨らみや、ほうれい線が残っているのに他の部分が変に膨れているなどの症状が見られることがあります。

こうした不自然な見た目は、特に注入直後に顕著に表れることがあり、戻るまでに時間がかかることがあります。また、一度不自然な状態になってしまった場合、それを修正するためには再度の施術が必要となる場合もあり、その過程でさらなるリスクが伴います。治療後の見た目に違和感を感じる場合、早急に医師と相談し、適切な対処を講じることが重要です。

このようなリスクを最小限に抑えるためには、施術を受ける前に医師と十分にカウンセリングを行い、自分の希望をしっかり伝えることが大切です。また、施術後のケアや経過観察も怠らず行うことで、違和感のある仕上がりを防ぐことができます。信頼できるクリニックを選ぶことも重要です。

副作用が起こる可能性がある

ヒアルロン酸注入による治療には、副作用が起こる可能性があります。代表的な副作用としては、注入部位の腫れや赤み、痛みが挙げられます。これらの症状は通常、数日から数週間で消えることが多いですが、稀に長期間にわたって残る場合もあります。また、アレルギー反応が起こることもあり、これが発生すると治療部位に痒みや発疹が現れることがあります。

さらに、ヒアルロン酸が血管に誤って注入されると、血流が阻害されるリスクもあります。これにより、皮膚が壊死する可能性や、失明などの重大な合併症が起こるリスクもあります。こうしたリスクは稀ではありますが、ゼロではないため、施術を受ける際には十分なリスク説明を受け、納得した上で治療に臨むことが重要です。

副作用を最小限に抑えるためには、事前のカウンセリングとアフターケアが重要です。また、施術後に異常を感じた場合は速やかに医師に相談し、適切な対処を受けることが求められます。信頼できるクリニックを選び、経験豊富な医師に施術を依頼することで、リスクを減らすことが可能です。

医師によって技術の差がある

ヒアルロン酸注入によるほうれい線治療は、医師の技術によって結果が大きく左右されます。経験豊富な医師であれば、自然な仕上がりを実現することができますが、技術の未熟な医師による施術では、満足のいく結果が得られないことがあります。注入量や場所、深さなど、細かな技術が求められるため、医師の技術差が顕著に現れます。

また、クリニックごとに使用するヒアルロン酸の種類や品質も異なるため、事前にしっかりと情報収集を行うことが重要です。例えば、同じ1ccのヒアルロン酸でも、メーカーや種類によって効果や持続期間に差が出ることがあります。麻酔の使用方法やアフターケアの提供もクリニックによって異なるため、治療を受ける前に詳細な説明を受けることが必要です。

施術を受ける前に、複数のクリニックを比較し、実際に施術を受けた人の口コミや評判を参考にすることも大切です。信頼できる医師を選ぶことで、後悔のない治療結果を得ることができます。また、施術後のフォローアップがしっかりしているクリニックを選ぶことで、万が一のトラブルにも迅速に対応できるようにしておくことが重要です。

ヒアルロン酸が頬に定着しないこともある

ヒアルロン酸が必ずしも注入箇所に定着するとは限りません。個人の体質や肌の状態によっては、ヒアルロン酸がうまく頬に定着せず、効果が期待通りに現れないことがあります。このような場合、注入されたヒアルロン酸が周囲の組織に拡散してしまい、持ちが悪くなります。その結果、ほうれい線が再び目立つようになることがあります。

また、ヒアルロン酸が定着しない場合、期待した効果を得るために追加の施術が必要となることもあります。これにより、さらなる費用や時間がかかるだけでなく、皮膚への負担も増える可能性があります。施術後のアフターケアが適切に行われなかった場合も、定着が悪くなる原因の一つです。

定着を良くするためには、施術後の過ごし方やアフターケアが非常に重要です。注入後は、患部に過度な圧力をかけないように注意し、適切な保湿を行うことが推奨されます。また、定期的に医師の診察を受け、適切なアドバイスをもらうことも効果を持続させるためのポイントです。信頼できるクリニックで施術を受けることが、成功の鍵となります。

ダウンタイムが必要な場合もある

ヒアルロン酸注入後には、ダウンタイムが必要となる場合があります。施術直後には、腫れや赤み、内出血などが生じることがあり、これらの症状が完全に引くまでには数日から1週間程度かかることがあります。この期間中は、メイクがしにくくなったり、日常生活に支障をきたすことがあります。

ダウンタイム中は、腫れや内出血を目立たせないために、メイクやスキンケアにも注意

ヒアルロン酸注入によるほうれい線治療のメリット

ヒアルロン酸注入は、ほうれい線治療の中でも手軽に行える方法として人気があります。ここでは、ヒアルロン酸注入によるほうれい線治療の主なメリットについて詳しく解説します。

効果がすぐに実感できる

ヒアルロン酸注入後には、ダウンタイムが必要となる場合があります。施術直後には、腫れや赤み、内出血などが生じることがあり、これらの症状が完全に引くまでには数日から1週間程度かかることがあります。この期間中は、メイクがしにくくなったり、日常生活に支障をきたすことがあります。

ダウンタイム中は、腫れや内出血を目立たせないために、メイクやスキンケアにも注意が必要です。特に、施術後24時間は、注入部位に強い刺激を与えないようにすることが推奨されます。また、腫れを軽減するために、冷やすことも効果的です。腫れが引くまでは、顔を下に向ける姿勢や激しい運動を避けることが望ましいです。

このように、ダウンタイムが必要な場合もあるため、施術を受けるタイミングには注意が必要です。重要なイベントの前などには避け、十分な休養を取ることができる期間を選ぶことが推奨されます。適切なアフターケアを行うことで、ダウンタイムの期間を短縮し、早く通常の生活に戻ることができます。

施術時間やダウンタイムが短い

ヒアルロン酸注入の施術時間は非常に短く、通常30分から1時間程度で完了します。これは、他の美容治療と比較しても圧倒的に短い時間です。そのため、忙しい人でも気軽に施術を受けることができます。さらに、ダウンタイムも短いことが特徴です。

施術後に多少の腫れや赤みが生じることはありますが、多くの場合、数日以内に自然に治まります。特に、適切なアフターケアを行うことで、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。短時間で効果を得られるため、忙しい現代人にとっては非常に魅力的な選択肢となります。

もともと体内にある成分のため安全性が高い

ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分であるため、安全性が高いとされています。ヒアルロン酸は皮膚や関節などに含まれており、水分を保持する役割を果たしています。そのため、注入しても異物として拒絶されるリスクが低く、アレルギー反応が起こりにくいのが特長です。

また、ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されるため、永続的な異物として残ることがありません。これは、安全性を重視する人にとって大きなメリットです。施術後にトラブルが起こる可能性が低く、安心して受けることができる美容治療の一つと言えます。

たるみ改善効果が期待できる

ヒアルロン酸注入は、単にほうれい線を目立たなくするだけでなく、顔全体のたるみを改善する効果も期待できます。ヒアルロン酸を適切な位置に注入することで、肌のハリや弾力を取り戻し、若々しい印象を作り出します。特に、顔の輪郭がはっきりし、全体的にリフトアップ効果が得られるため、総合的な美肌効果が期待できます。

顔のたるみは、年齢とともに進行するため、早めの対策が重要です。ヒアルロン酸注入は、手軽に行えるため、予防的な意味でも利用することができます。定期的にメンテナンスを行うことで、長期的に美しい肌を保つことが可能です。

ヒアルロン酸注入後に理想と違ったときの対処法

ヒアルロン酸注入は、ほうれい線治療の中でも手軽に行える方法として人気があります。ここでは、ヒアルロン酸注入によるほうれい線治療の主なメリットについて詳しく解説します。

施術後の不自然さを修正する方法

ヒアルロン酸注入後に不自然な見た目になってしまった場合、修正方法はいくつかあります。まず、最も一般的な方法は、ヒアルロン酸を溶解するための酵素であるヒアルロニダーゼを注入することです。ヒアルロニダーゼを使用することで、過剰に注入されたヒアルロン酸を迅速に分解し、元の状態に戻すことができます。この方法は、不自然な膨らみや左右非対称の改善に効果的です。

また、注入量が少ない場合や部分的な修正が必要な場合には、追加のヒアルロン酸注入を行うこともあります。これは、再度医師と相談し、適切な量を再調整することで、自然な仕上がりを目指します。この場合も、経験豊富な医師に依頼することが重要です。

修正を行う際には、施術を受けたクリニックで相談することが基本ですが、もし信頼できる医師がいない場合は、他のクリニックにセカンドオピニオンを求めることも一つの手段です。納得のいく結果を得るために、十分な相談とカウンセリングを行いましょう。

効果が持続しない場合の対処法

ヒアルロン酸注入後に効果が期待よりも早く消えてしまうことがあります。このような場合には、いくつかの対処法があります。まず、持続期間を長くするためには、定期的なメンテナンスが必要です。通常、ヒアルロン酸の効果は6ヶ月から1年程度持続しますが、個人差があるため、医師と相談しながら最適なタイミングで再注入を行うことが大切です。

また、効果を持続させるために、注入後のスキンケアや生活習慣の見直しも重要です。例えば、日常的な保湿や紫外線対策を徹底することで、ヒアルロン酸の持ちを良くすることができます。適切な食事や睡眠、ストレス管理も肌の健康を保つために重要です。

副作用が出た場合の対応策

ヒアルロン酸注入後に副作用が出た場合には、迅速に対応することが重要です。一般的な副作用としては、注入部位の腫れや赤み、痛み、内出血などが挙げられます。これらの症状は通常、数日から1週間程度で自然に治まりますが、治まらない場合や症状が悪化した場合には、すぐに施術を受けたクリニックに連絡し、適切な処置を受けましょう。

重篤な副作用としては、アレルギー反応や感染症、血管閉塞などがあります。これらの症状が現れた場合には、直ちに医師の診察を受けることが必要です。感染症が疑われる場合は、抗生物質の投与が必要になることがあります。また、血管閉塞が発生した場合には、緊急の治療が求められるため、すぐに対応できるクリニックを選ぶことが重要です。

予防策としては、信頼できる医師のもとで施術を受け、施術前に十分なカウンセリングを受けることが大切です。施術後のアフターケアも怠らず、異常を感じた場合はすぐに医師に相談することで、早期に対応し、副作用を最小限に抑えることができます。

クリニック選びのポイントと注意点

ヒアルロン酸注入によるほうれい線治療を成功させるためには、適切なクリニック選びが非常に重要です。ここでは、クリニック選びのポイントと注意点について詳しく解説します。

納得してから施術を受ける

ヒアルロン酸注入によるほうれい線治療を受ける際は、納得してから施術を受けることが重要です。まず、自分が希望する治療の内容や期待する効果についてしっかりと把握し、クリニックでのカウンセリングを受けましょう。クリニック選びの際には、複数のクリニックを訪れ、比較検討することが大切です。カウンセリングの中で、自分の疑問や不安を率直に相談し、納得のいく説明を受けることが必要です。

特に、治療のリスクや副作用についても正確な情報を得ることが重要です。どのようなリスクがあるのか、万が一トラブルが発生した場合の対処法についても詳しく説明してもらいましょう。信頼できるクリニックであれば、これらの情報を丁寧に説明してくれるはずです。また、実際に施術を受けた人の口コミや評判を参考にすることも有効です。

納得してから施術を受けることで、治療後の満足度が高まり、後悔のない結果を得ることができます。焦らずに、しっかりと情報を集め、自分に合ったクリニックを選びましょう。

適切な量を注入する

ヒアルロン酸注入によるほうれい線治療では、適切な量を注入することが成功の鍵です。一般的には1cc単位で注入量が決まりますが、患者の肌の状態や希望する仕上がりによって適量は異なります。過剰に注入すると、不自然な見た目になったり、逆に少なすぎると効果が不十分になることがあります。

適切な量を注入するためには、経験豊富な医師の判断が重要です。医師は、患者の肌の状態や骨格、表情の癖などを総合的に判断し、最適な量を見極めます。そのため、信頼できる医師を選ぶことが大切です。施術前には、しっかりとカウンセリングを行い、自分の希望を伝えることが重要です。また、医師からの説明をしっかりと聞き、納得した上で施術に臨むことが必要です。

適切な量を注入することで、自然な仕上がりを実現し、長期間にわたって効果を維持することができます。施術後も、医師の指導に従って適切なケアを行い、定期的にチェックを受けることが推奨されます。

アフターケアを適切に行う

ヒアルロン酸注入後のアフターケアは、効果を持続させるために非常に重要です。施術直後は、注入部位が腫れたり赤くなったりすることがありますが、適切なアフターケアを行うことで、これらの症状を早く改善することができます。まず、施術後24時間は、注入部位に強い圧力をかけないように注意しましょう。

また、腫れや内出血を軽減するためには、冷やすことが効果的です。医師からの指示に従って、適切にアイシングを行いましょう。施術後数日は、激しい運動やサウナ、アルコールの摂取を控えることも大切です。これにより、腫れや内出血を防ぎ、効果を持続させることができます。

継続的なアフターケアも重要です。適切なスキンケアを行い、肌の保湿を保つことで、ヒアルロン酸の効果を長持ちさせることができます。定期的にクリニックでチェックを受け、必要に応じてメンテナンスを行うことで、美しい状態を維持することが可能です。

しっかりと相談できる医師・クリニックを選ぶ

ヒアルロン酸注入によるほうれい線治療を受ける際は、しっかりと相談できる医師やクリニックを選ぶことが重要です。施術前のカウンセリングで、医師がどれだけ親身になって相談に応じてくれるかが、クリニック選びの重要なポイントです。信頼できる医師は、患者の希望や不安に耳を傾け、適切なアドバイスを提供してくれます。

また、クリニックの設備やスタッフの対応も重要です。清潔で整った環境、親切で丁寧なスタッフの対応は、安心して施術を受けるための大切な要素です。複数のクリニックを訪れ、実際に雰囲気を感じ取ることで、自分に合ったクリニックを見つけることができます。

施術後のフォローアップ体制もしっかりしているクリニックを選ぶことが大切です。トラブルが発生した場合に迅速に対応してくれるか、定期的なチェックやメンテナンスを行ってくれるかを確認しましょう。信頼できるクリニックであれば、安心して治療を受けることができ、長期的に美しい状態を保つことができます。

若年層や男性のほうれい線治療について

ほうれい線は、年齢とともに現れるシワの一つですが、若年層や男性にも気になる場合があります。ここでは、20代の予防と治療法、そして男性向けのほうれい線治療について詳しく解説します。

20代のほうれい線予防と治療法

20代は、まだ肌の弾力やハリが十分に保たれている時期ですが、将来的なほうれい線を予防するためには、早めのケアが重要です。まず、基本的なスキンケアを徹底することが大切です。毎日のクレンジングや洗顔、保湿を欠かさず行い、肌のバリア機能を保つことが重要です。また、紫外線対策として日焼け止めを毎日使用し、外出時には帽子やサングラスを活用することが推奨されます。

生活習慣の見直しも重要です。バランスの取れた食事や十分な睡眠、適度な運動は、肌の健康を維持するために欠かせません。ビタミンCやE、コラーゲンを多く含む食品を積極的に摂取し、肌の内側からもケアを行いましょう。また、喫煙や過度な飲酒は肌に悪影響を与えるため、控えることが推奨されます。

20代でほうれい線が気になる場合は、軽度のヒアルロン酸注入やボトックス治療も選択肢の一つです。これらの治療法は、早期の段階で行うことで、ほうれい線の進行を抑える効果があります。ただし、施術を受ける際には、信頼できるクリニックで医師と十分に相談し、自分に合った治療法を選ぶことが重要です。

男性のためのほうれい線治療

近年、男性の美容意識が高まり、ほうれい線治療を希望する男性も増えています。男性の肌は女性よりも皮脂の分泌が多く、硬めの肌質であるため、適切な治療法を選ぶことが重要です。まず、スキンケアの基本を見直すことから始めましょう。男性用の洗顔料や保湿剤を使用し、肌を清潔に保つことが基本です。

ボトックス治療は、男性のほうれい線治療において効果的な方法の一つです。ボトックスは、筋肉の収縮を抑えることでシワを軽減し、ほうれい線を目立たなくする効果があります。施術は短時間で済み、ダウンタイムもほとんどないため、忙しい男性にも適しています。ただし、効果は一時的であり、数ヶ月ごとにメンテナンスが必要です。

ヒアルロン酸注入も、男性のほうれい線治療として一般的です。ヒアルロン酸は、肌にボリュームを与え、ほうれい線を目立たなくする効果があります。注入後すぐに効果を実感でき、自然な仕上がりが期待できます。施術はクリニックで行われ、通常の生活にすぐに戻れるため、手軽に行える治療法です。

また、生活習慣の改善も重要です。特に、喫煙は肌の老化を促進するため、禁煙することが推奨されます。適度な運動やバランスの取れた食事、十分な睡眠を確保することで、肌の健康を維持し、ほうれい線の予防につながります。ビタミンCやコラーゲンを含む食品を積極的に摂取し、内側からのケアも行いましょう。

男性に特有の治療として、男性専用のエステやクリニックも増えています。これらの施設では、男性の肌質やニーズに合わせた施術を提供しており、専門的なケアを受けることができます。初めての方でも安心して利用できるよう、カウンセリングやアフターケアもしっかりと行われます。

まとめとして、男性のほうれい線治療は、スキンケアや生活習慣の見直しから始め、必要に応じてボトックスやヒアルロン酸注入などの治療法を検討することが重要です。専門のクリニックやエステを利用し、プロのアドバイスを受けることで、効果的なケアを行いましょう。

関連ページ

この記事の監修

髙木 希奈

一般社団法人予防医療研究会 理事長
聖マリアンナ医科大学卒業
精神保健指定医、精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医
「Bell Clinic 松濤」 特別顧問
医療提携エステ「銀座メディック」顧問
著書に「あなたの周りの身近な狂気」(セブン&アイ出版)「間取りの恋愛心理学」(三五館)など。
【資格】
医師免許、精神保健指定医、精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医



小西 恒

2008年に自治医科大学医学部を卒業。2010年に大阪府立急性期総合医療センター産婦人科に勤務後、2014年に大阪府障害者福祉事業団すくよかで医療部長を務めました。2015年から大阪府健康医療部で地域保健課主査を歴任し、2017年から愛賛会浜田病院産婦人科に勤務。2020年より某大手美容外科で働き、2021年には小倉院と心斎橋御堂筋院の院長を務めました。2023年からはルヴィクリニック院長に就任しています。
【資格・所属学会】
ボトックスビスタ® 認定医、 ジュビダームビスタ® 認定医、 ジュビダームビスタ® バイクロス 認定医、 日本美容外科学会(JSAS) 正会員、 日本産科婦人科学会 会員、 日本産科婦人科学会 専門医、 日本医師会認定産業医、 母体保護法指定医

YouTubeリンク

お問い合わせ

050-3358-2363

電話受付時間/10:00~19:00
(休診日:不定休)